これまでHANAGUMI PUBG部門として活動してきたHANAGUMI STRELITZIAですが、今回のPJS Season5の終了と共に部門の活動休止および既存メンバーの脱退が決定いたしましたのでご報告いたします。

PUBG部門 HANAGUMI STRELITZIA脱退メンバー

Sadboy選手
Mono選手

※ikirish選手、Kehi選手は今後について相談中となりますので、本日時点でのHANAGUMIからの脱退はございません。

HANAGUMI STRELITZIAは、HANAGUMIのPUBG部門として大変長く活動を続けてきたチームで、選手から選手へとそのバトンを脈々と繋ぎながら、ファンの応援を力に変え、PJSという戦場を突き進んで参りました。

今回のSeason5にてGrade2からの降格という結果となり、PUBG部門設立からの悲願であるGrade1出場を果たすことはできませんでしたが、その歴史においてGrade2最高順位5位という、Grade1進出目前まで迫ることができたのも、これまでの選手達の努力そしてファンの皆様の温かいご声援あっての賜物でした。

これまでHANAGUMIのPUBG部門として活動を続けてきてくれた選手、そしてPJS等多くのステージやチャンスをご提供いただいた各種大会関係者の皆様、「STRELITZIA!」とアツく叫んでいただいた実況解説の皆様、日々のスクリム運営の皆様、そして、いい結果も悪い結果もチームと共に一喜一憂し、叱咤激励のお言葉をかけて頂くなど、文字通り選手の活力となっておりましたファンの皆様に、チーム一同心から感謝申し上げます。

今後のHANAGUMIとしてのPUBG部門再開や再挑戦については現時点で全くの白紙状態となりますが、将来のその時が来るまで「HANAGUMI PUBG部門」はひと先ずの休眠とさせていただきたいと思います。

今後共、HANAGUMIを宜しくお願いいたします。